生涯未婚率が年々高くなっている中で、この人と結婚したい!と互いに思える相手に出会えるのは、とても幸せな事です。

でも、結婚するということは、その相手と毎日生活を共にしていく、すなわちお金がつきものです。非正規雇用が増えている現代で、金銭的な理由で結婚を諦めてしまうケースもあるかも知れません。

今回は、結婚したいけどお金がなくて迷っている人に、知っておきたい事柄をお教えしたいと思います。

貯金ゼロでも結婚できるのか

結婚する時、貯金があるに越したことはないのですが、たとえゼロでも結婚はできます。そもそも結婚とは、「役所へ婚姻届を出し、夫婦となること」なので、婚姻届が無事に受理されれば結婚の手続きは完了なのです。婚姻届を出すのは、もちろん無料です。

 

結婚式費用について

結婚式にかかる費用は、地域や式場によって大きく異なりますが、全国平均で約354.8万円(招待客の人数は70.2人)です。この費用は、挙式と、披露宴またはパーティーの合計費用です。結納・二次会・新婚旅行などは含まれていません。

結婚式は、カップルによって希望する形態が大きく変わります。大勢の招待客を呼んで、盛大にやりたいと思うカップルもあれば、親族のみで挙式だけできればいいなど、カップルの数だけパターンがあります。

まずは、自分たちが出せる金額を決め、その範囲でできることを考えていくのもいいでしょう。
例えば、親族のみの挙式を先に行って、披露宴は数か月後にお金が貯まってから開くという方法があります。
新郎新婦の衣装も、金額に応じた種類がたくさんあるため、担当スタッフに予算を伝えて決めることができます。披露宴で使う各種小物なども、いろいろなプランの中から決められるので、予め希望と予算を相手と話し合っておくとスムーズに決められます。

披露宴会場で提示されるプランは、必要なものがセットになったパッケージプランが多いのですが、中には自分たちに必要ないプランが組み込まれていることがあります。
例えば、招待状や席次表を手作りしたいと思っていても、プランに入っていると業者へ発注してしまうため、それができなくなる、などです。手作りしたいものが決まっている場合は、最初の式場選びの段階で交渉するのが大切です。式場によっては、自分たちが必要なプランのみを選んで組み合わせられるところもあります。

また、披露宴と二次会を併せ持った性質をもつ「会費制結婚式」があります。1.5次会と呼ぶこともあります。北海道の結婚式の80%以上が、この形式をとっているとも言われます。

会費は、一般的に出されるご祝儀よりも金額が低いことが多く、この会費で式の費用の大半をまかないます。また、会費制結婚式には、結婚式で定番の引き出物がありません。そのため、新郎新婦にとっては、金銭的・精神的負担を大幅に減らすことができます。

もう一つは、2人でお金を貯めてから、挙式・披露宴を開く方法です。招待客にとっては、同じ日に挙式と披露宴を行うと参列しやすくなるメリットがあります。
この場合、招待客の方々から頂くご祝儀を、挙式代の支払いに充てようと考えることが多いかと思いますが、式場によっては全額前払いで請求されることもあります。(当日追加で発生した飲食代のみ、後日清算)なので、前払いか後日清算か、事前に式場へ確認しておかなくてはいけません。交渉次第で後払いにしてもらったり、前払いでもクレジットカード払いで対応してくれるなど、対策を講じてもらえるかもしれません。

挙式も披露宴もやらないけど、何か記念になるものを残したいという場合は、フォトウエディングを行うのもいいでしょう。料金の中に、衣装・メイク・ヘアセットなどが含まれていることが多いので、手軽に利用することができます。

「新婚旅行」や「新居」はお金がなくても大丈夫?

新婚旅行は、結婚生活最初の思い出ですよね。社会人になると、まとまった休みはとりづらいですし、一生に一度の新婚旅行なのだから、行きたいところにいって楽しみたいと思う気持ちは分かります。ですが、やはりお金がないと難しい場面も多々ありますよね。

国内・海外どちらの旅行にも言えることですが、出発日によって代金が大幅に違います。繁忙期には、出発日が1日ずれるだけで何万円も旅行代金が変わることも珍しくありません。同じ場所に行くのなら、少しでも安くしたいと思うのが人の心。できるだけ、安い代金で行ける出発日を探してみましょう。また、結婚式直後でなくてもいいのであれば、代金が安くなる時期まで旅行の出発を待つのも得策です。

方面を検討する際も、日数と代金を比較して、いろいろなプランから検討したいものです。海外旅行であれば、フリープランが多いプラン・添乗員付きの安心プラン・飛行機と宿だけとって、後は現地調達するプランなどがあります。新婚旅行であれば、先の2つから選ぶことが多くなるので、旅行会社の店頭やインターネットなどであらゆるプランを検討してみましょう。
現地でお土産を買うと、つい多く買ってしまいがちなので、先に宅配でお土産を注文しておけば、買い忘れもなく、荷物も減らせて快適な旅行ができます。
現地では、そこでしか手に入らないものを探す楽しみもできます。お土産の宅配便は、特に職場や親戚に配るお土産などに使われています。

国内旅行であれば、方面を重視するか、ホテルのランクにこだわるか、それとも食事内容にこだわるか、順位を決めるといいでしょう。それによって、旅行代金と行先の目安がつけられます。

新居に関しては、もともとどちらかが一人暮らしをしていれば、そこで2人で住めばいいのですが、お互いが実家暮らしだった場合は新居を探す必要があります。
ただ、アパートを借りる際には、毎月の家賃以外に、賃貸契約を結ぶときに敷金・礼金を払う必要があります。この2つを合わせると、家賃の数か月分と設定されていることが多く、決して安い金額ではありません。

最も行いやすい方法としては、敷金・礼金がかからない物件を探すことです。これにはいろいろな理由があるので、契約時にきちんと確認しておきたいポイントです。
月々の家賃に、敷金・礼金分の金額が若干ずつ上乗せされているケースや、条件が悪く入居者が来ないため、一定期間契約しないといけない、退去時のクリーニング代が全額借主の負担になるなど、さまざまありますが、入居時の初期費用を抑えられるので、お金がないときに嬉しい物件です。
そして、お金が貯まった時に、さらに条件のいい物件に引っ越すのも得策でしょう。

新居で使う家具・家電を揃える時も、必ずしも新品を買う必要はありません。
リサイクルショップで、状態のいい中古品を買ったり、アウトレットショップで型落ちの商品を探したりして、当面の間使っていくことも可能です。
その場合、先に必要最低限のものを買い揃えましょう。また、実家や友人・知人宅で、もし使っていない家具・家電があれば、それを譲り受ける手もあります。
交渉上手な人なら、家電量販店でまとめ買いをして、その分値引きしてもらうように店員さんと話してみましょう。台所で使う消耗品(計量カップ、ザル、ボウル、おたま、菜箸など)は、100円ショップで買うのも一つの方法です。
ただ、包丁・フライパン・鍋などは、多少お金を出しても、良いものを買った方が長く使うことができ、経済的です。

結婚するにあたり気をつけること

結婚自体にはお金がかかりませんが、毎日生活していくために必ずお金がかかってきます。式だけは早く挙げたいのか、新居の住みやすさはどうしても譲れないのか、旅行にお金をかけてでも思い出を作りたいのかなど、人それぞれ希望があるかと思います。

最も大切なのは、2人で納得した結婚生活を送ることです。そのために、これまでお伝えしたことの中から、自分たちがどれに一番お金を使うべきなのか、2人で話し合ってみてくださいね。